博客新聞

最新消息。


2022年8月3日 : 一日一作手づくりラボ
中央区ふるさと納税返礼品に選べれました。『日本橋(黒色)』『銀座(赤色)』『築地(紫色)』の三種類。
詳しくは…https://www.satofull.jp/city-chuo-tokyo/をご覧ください。期間は2022/8~一年間です。
2022年6月23日 : 一日一作手づくりラボ

NEWモデル 和柄の楽譜カバー(複数冊用)発表
デザイン・機能をアップしたNEWバージョンの楽譜カバーで、プリント譜から輸入版の曲集まで様々なサイズの楽譜が収納できます。練習時や演奏時を想定した便利な機能が追加されました。
従来のB版と同じく、高価な楽譜の表紙を保護することと、豊かな表現のある伝統の和布を使用することで、気持ち豊かに楽しめる練習を意図して製作しました。

全14種類の生地柄を揃えました。
『華やか柄…7種』『伝統和柄…5種』『黒地ベーシック…2種』
詳しくはHP「作品ギャラリーNo.12 B-S 和柄の楽譜カバー」をご覧ください。
購入ご希望の方はHP「オンラインショップ」にてご確認下さい。

*写真の生地は「華やか柄シリーズCS-3」
2021年12月6日 : 我的手工100

古希を記念して想い出の工房作品をご照会!
私の手づくり100 N0.031 作品4A8
『大人気の「野帖ノート」カバー』
…消しゴム判子作家の友人がTV出演することになった。野帖ノートを駆使する作家の活動を紹介する番組だそうで、カバーも時間があれば披露できると嬉しいお知らせがあった。早速、和の布で創ったカバーをお渡ししてPRをお願いした。
 結果、僅かの時間ではあったが放送に映像が組み込まれた。年間に相当の数が動く不動の人気のフィールド測量ノートだが、和の布でカバーするとまた別の味わいがする。きっと新たなニーズが生まれることだろう。
 文具展などには引っ張りだこのこの作家さん、全国区の活動頑張れ! ご縁に感謝!

#我的手工100
#慎工房
#手づくりゆう遊慎工房
#日式西式文具
#手づくり
#手帳カバー





2021年10月21日 : 我的手工100

古希を記念して想い出の工房作品をご紹介!
私の手づくり100 No.030 作品3A8 
『浮世絵手拭のブックカバー 』
…東京の京橋で個展を開催した時のこと。来場の方から「浮世絵等が好きで沢山手拭を持っている。ブックカバーを作って欲しい!」とリクエストがあった。個展のテーマは『手づくりで和の布を愉しむ』なので、もう大歓迎!
 お持ちになった「北斎の神奈川沖浪裏」手拭を見て感激、どこを切り取っても大パノラマの図柄になる。読書を愉しみ、きっとこの風景の中へ旅するのでしょう!
そうか、ブックカバーって自分の夢見心を増幅する小道具なんだ。改めて、好きな布で和風の洋文具を創る嗜好の愉しみを再認識。ご縁に感謝!

#我的手工100
#慎工房
#手づくりゆう遊慎工房
#日式西式文具
#手づくり
#ブックカバー

2021年10月11日 : 我的手工100

古希を記念して想い出の工房作品をご紹介!
私の手づくり100 No.029 作品3S5 
『歌舞伎役者名入りの生地でブックカバー』
…北鎌倉にお住いの文筆家の方からのご依頼で、“大切な方に本と一緒にブックカバーをプレゼントしたい”とのお申し出。お送りいただいた『歌舞伎役者名入りの生地』で創りました。裏表紙に名入り部分をさりげなく入れたが、名入りはやはり存在感がある!。
 生地は「涼園の奏」柄で、色は「葡萄鼠」とのこと。毎週500名以上の聴講者が集まるという有名ご住職に使っていただくとなると、私も自然に気合が入った(笑)。単行本サイズだったので、きっといろんな使い方をしていただけるだろうと愉しみだ。ご縁に感謝!

#我的手工100
#慎工房
#手づくりゆう遊慎工房
#日式西式文具
#手づくり
#ブックカバー