ギャラリートーク

一日一作手づくりラボ


《一日一作手づくりラボ》今日の納品は大島紬「諭吉柄」シリーズです。
落ち着いた大人の味わい!…紳士・淑女向けの『Dandy』『Lady』新作です。

#慎工房 #一日一作手づくりラボ #大島紬 #和風洋文具 #手づくり

私の手づくり100


私の手づくり100 作品9S帯2 『 斬新な今風の半巾帯でTicket入れ 』…着物と帯の新作発表会場で若い作家さんと知り合った。若い女性に人気の作家さんと紹介されて、作品を見直してみて合点がいった。和服の帯なのに「像」の絵柄?…暫く眺めていたら、何故かモダン!値段は気になったが、即購入。早速作品製作に入って出来上がってみたら、なるほど流石!面白い。
*作品ギャラリーN0.9Ticket&WalletCase 作品9S帯2
 #私の手づくり100 #慎工房 #手づくり #和風洋文具 #Ticket&WalletCase

私の手づくり100


私の手づくり100 作品10BS1 『 想い出の着物地で名刺と懐紙入れ 』…米国の留学生活で和服の良さに芽生えたお嬢さんからのご依頼。『この生地でたくさんの名刺と懐紙が入る入れ物出来ないかしら?』。母親が準備してくれたタンス一杯の高価な着物を一度も着ることもなく過ごした学生生活の最後に米国留学。ふとしたタイミングで着物着用でパーティーに参加してびっくり体験‥『着物は勝負服になる』と実感。帰国後和服をPRする活動家になった。着物姿で名刺交換!そんな時、お洒落に懐紙も使いたい。一緒に持ち歩きたい!そこで発案、名刺入れを二列に並べたらたくさん入るし、丁度懐紙のサイズと同じになったので完成!想い出の着物地が特別なお気に入りグッズに変身しました。
*作品ギャラリーN0.10懐紙入れ 作品10BS1
#私の手づくり100 #慎工房 #手づくり #和風洋文具 #懐紙入れ

私の手づくり100


私の手づくり100 作品11S2 『大きな神楽の写真集のカバーは蛇胴の石州和紙で! 』…娘が島根県で神楽を舞っている。ヤマタノオロチが登場する勇壮な物語や数々の物語の舞で知られた神事であるが、ある写真家がその神楽と自然とその神楽を舞う人々を写し撮り個展を開いた。実は、大手カメラ会社の懸賞募集に応募し優勝と同時に一か月の個展開催を勝ち取ったのである。応募する際に、実際に神楽の舞台で使われ現役を終えた蛇の胴体をカバーに使ってみてはどうかと私は提案してみた。功を奏したようである。個展会場では神楽の舞も披露され、賑やかな一か月に亘るロングランの開催となった。何枚にも重ねて丈夫につくれれた石州和紙の蛇胴の加工はなかなか手ごわかったが、蛇胴を提供いただいた地元の工芸愛好家の方のお知恵も拝借し、想い出となる珍しい蛇胴の作品となった。
*作品ギャラリーN0.11資料ファイル 作品11S2

#私の手づくり100 #慎工房 #手づくり #和風洋文具 #資料ファイル  

私の手づくり100


私の手づくり100 作品11S3 
『 赤い“崩れ市松”柄の大きな資料ファイル 』…とても活動的な素敵な方に出会った。一目でこの赤い市松模様が気に入られて注文となった。営業で使われている大きな資料ファイルをカバーしたいとの申し出で。その時以来、私の中ではこの赤い市松はいろいろな場所作品に使うようになった。同じ市松の黒もまたとても粋で同じように多用した。私の中では、2020年の東京オリンピックの公式PRにも市松模様が選ばれたことは不思議ではない。これからもいろいろな作品に使われることになるだろう。
*作品ギャラリーN0.11資料ファイル 作品11S3
#私の手づくり100 #慎工房 #手づくり #和風洋文具 #資料ファイル

私の手づくり100


私の手づくり100 作品2S2 
『ちりめん絵柄は芸術品 』…ご近所の着物が大好きな方から生地をご提供いただいた。お仕立てされたときに出た残布を多数お持ちになられた。この時に初めて気が付いた!文具のような小物造りの慎工房にあっては、なかなか手に入らない貴重な高価な着物生地の残布が好都合、素敵な柄が日本画を見ている様な愉しさ。早速「わ手帖」に合う柄を探し表紙の場所を選定。残布の為僅かなサイズの中で位置を決定!写真の柄はこれしか取れない一か所。良いものが出来た。絵を描き上げた感触に似た芸術作業に思われた。
*作品ギャラリーN0.2わ手帖 作品2S2
 #私の手づくり100 #慎工房 #手づくり #和風洋文具 #わ手帖

私の手づくり100


私の手づくり100 作品9S帯4
『日本を代表する会社社長の欧州出張手土産に採用』…嬉しいNEWS!「これ欧州出張するときに日本の伝統が味わえる手土産にイイね」即座に社長は複数のオーダーをくださいました。伝統工芸品の帯地で作ったTicket&WalletCase。高価な着物や帯は華やかで日本を代表する工芸品、手軽なお土産にできないか?日本の美を知って欲しい!そんなアイデアから生まれた慎工房のオリジナルな作品。勿論桐箱に入れて外見を整えたら持ち運びも手軽でverygood!会社の秘書さんに応援していただいた英語の説明書を添えて納品。…帰国された社長は「地元の買収先の役員連中に手土産で渡したら、奥さん方に好評で、会社での打ち合わせも終始和やかで、実はちょっと険悪だった関係が修復されてホント良かったよ~」と嬉しいお言葉!作者としてはこの上ないHappy な出来事となりました。
*作品ギャラリーN0.9Ticket&WalletCase 作品9S帯4

#私の手づくり100 #慎工房 #手づくり #和風洋文具 #Ticket&WalletCase

一日一作手づくりラボ


《一日一作手づくりラボ》写真訂正!新着生地の楽譜カバーです。
高価な輸入楽譜の厚手のものをどの様に保護するか?
側面をくるんでみました。表紙はマグネットで開閉。
バックの中でもページが痛みません。
表紙も傷みません。

#和風洋文具 #慎工房 #楽譜カバー #一日一作手づくりラボ #手づくり

一日一作手づくりラボ


《一日一作手づくりラボ》新着生地の楽譜カバーです。
高価な輸入楽譜の厚手のものをどの様に保護するか?

側面をくるんでみました。表紙はマグネットで開閉。
バックの中でもページが痛みません。
表紙も傷みません。

#和風洋文具 #慎工房 #楽譜カバー #一日一作手づくりラボ #手づくり

私の手づくり100


私の手づくり100 作品14S1
『持ち運び箱ティッシュカバーMotti 』…カオハガンパッチワークで大活躍の順子先生から素敵な生地を頂いた。毎年銀座で行われるminiギャラリーの販売会が待ち遠しい。同時開催の東京ドーム「東京国際キルトフェスティバル」でも出店しているが銀座がお薦め! さて、写真の作品は、頂いた生地の色彩に魅せられて、毎日持ち歩けるグッズに使ってみようと当工房オリジナルの「Motti」にした。
「Motti(モッティー)」とは(持ち運べる意味で)、毎年やってくる花粉症対策用のグッズで、一年中困窮している娘へのプレゼントに開発した作品です。ポケットティッシュでは間に合わない方へのプレゼント!内側には2カ所ポケットもありいろいろ便利です。お気に入りの柄や生地が選べてオシャレに箱ティッシュ持ち歩き(笑)
*作品ギャラリーN0.14花粉対策グッズ作品14S1

#私の手づくり100 #慎工房 #手づくり #和風洋文具 #Motti